fc2ブログ

≫ EDIT

DSC_1130b.jpg
DSC_1139b.jpg

| 未分類 | 22:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティラノサウルス頭骨

頭骨塗装1のコピー
 当ブログを見返してみると2010年3月から2016年11月まで7年間記事が投稿されている。そして2023年の今日まで7年間投稿がなかった。記事があった方の7年間もいろいろあったが、記事がなくなってからの7年間もいろいろあった。子供が生まれ、一方で立て続けに身内の不幸があった。もう一人子供が生まれて、子育てに奮闘している間に世界がコロナ禍に見舞われた。年々仕事の責任や負担は増して行き、自由に使える時間は減った。しかし「模型を作ること」がいまも変わらず自分とともにいてくれるのは、奇跡のようなありがたいことだ。
 というわけでTyrannosaurus rex のskullが完成した。以下に工程を記したい。


頭骨塗装2のコピー

頭骨1のコピー
 アルミホイルで簡単に頭骨の形を作る。粘土をかぶせて外側を作り乾燥させたあと、なかのアルミホイルを取り除いて内側を作るという算段だ。

頭骨2のコピー
 外側を作る。その後アルミホイルはピンセットで取り除く。

頭骨3のコピー
 下顎を作る。

頭骨4のコピー
 眼窩や前眼窩窓などを開口していく。

頭骨バラ2のコピー
 歯は溝を掘って一本一本植えたあと隙間を埋めるようにした。

頭骨バラ1のコピー
 竹内しんぜんさんは骨を一個一個作って(!)組み立てるという超絶な技でティラノサウルスの頭骨を作っていた。また、タブリンさんは木彫で(!)恐竜の骨格を作っていた。それらはすごすぎて決してまねはできないので、自分は自分でなんとかできる範囲の工作で取り組んでいる。

頭骨5のコピー
 あっ。かたちができたね。

頭骨6のコピー
 下塗り。アクリル絵の具。

頭骨塗装1のコピー
 ラッカー塗料で塗装、エナメル塗料でスミ入れ。子育てが始まると塗料、溶剤の使用は難しくなるので、実家に戻って塗装を行った。

頭骨分割のコピー
2023年10月7日(土)、いきもにあ出展するよ。いきもにあ出展は2015年以来8年ぶり。

| 古生物造形 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワオキツネザルの親子

アクアプラントの守亜さんから「11月に『マダガスカル展』というものをやるよ、よかったら参加を検討してね」という趣旨のメールをもらったのが5月。そのときには、数か月後に初めての子供が生まれることがわかっていたので、記念にワオキツネザルの親子を作って「マダガスカル展」に参加することにしました。
DSC00188b.jpg

DSC00185b.jpg
尾には白と黒の輪状のもようが交互にあり、模型にするときには塗り分けをしなければならないので、境界がわかるように便宜的にテクスチュアを入れています。
DSC00207b.jpg

DSC00241b.jpg

DSC00271b.jpg

DSC00272b.jpg

DSC00279b.jpg
こちらの模型は「マダガスカル展」にて販売もしています。


マダガスカル展~Comme le Madagascar~

parabolica- bis[パラボリカ・ビス](台東区柳橋)にて
2016年11月4日[金]〜28日[月] 開催
※11/9[水]、11/16[水]は臨時休館だそうです。

アクセス等詳細はギャラリー発の情報(こちら)を参照してください。

DSC00283b.jpg

| 動物造形 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界の恐竜MAP 驚異の古生物をさがせ!

書影リサイズ

今月はじめに出版された
世界の恐竜MAP 驚異の古生物をさがせ!
のイラストの一部を担当しました。

ActoWの徳川広和さんより声をかけていただき、恐竜、古生物イラストの線画を一部担当しました。
担当した線画は40体弱なので、全体から見るとほんの数%ですが、こうして本の形になったものを見るととてもうれしいですね。
9割以上を担当した徳川さんとの間に絵柄の違いが出ないよう、線の描き込み具合、描画ソフトの線の設定などを事前に打ち合わせて制作しました。ワニ、ゾウ、鳥脚類、剣竜類、角竜類の一部を描きましたが、絵柄の統一感は出てるかなー。
色は山本彩乃さん、大野理恵さんに素敵に着けていただきました。

↓はこのブログ用に個人的に描いたものです。
IMGi4のコピー
この本には「世界の恐竜MAP」というタイトルが付いていますが、恐竜以外の古生物も古生代から新生代まで幅広く扱っています。手にとってくださった人が、いままで知らなかった古生物と出会うきっかけになればいいな、と思う次第です。

| 書籍 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ディプロカウルス(Diplocaulus)

ペルム紀の両生類ディプロカウルスを作りました。
2015j年12月12、13日開催のいきもにあ、13日(日)に出展いたします。
DSC_0608b.jpg

DSC09869bb.jpg

DSC09897b.jpg

CTRXQ4fUwAA9Dx-b.jpg

CTRXRfaVEAAN2j2b.jpg

CTRXSCGUEAEZ9xjb.jpg

DSC09927b.jpg

DSC09922b.jpg

DSC09921b.jpg

DSC09924b.jpg

DSC09923b.jpg

| 古生物造形 | 10:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT