2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/48パキリノサウルス 完成

無事に完成です。
色はタミヤのプラモ用のアクリル塗料(Mr.カラー)で塗りました。仕上げにタミヤのエナメル塗料をこげ茶っぽく調色したのをエナメルの溶剤でうすく溶いて塗っています。コレを塗ると全体の色の調子に統一感が出る、色に深みが出る、下の色が多少鮮やかすぎても、落ち着いた色味にしてくれるなどのいいことがあります。
DSCF072605b.jpg
DSCF072602b.jpg
DSCF072601b.jpg
DSCF072402b.jpg
DSCF072401b.jpg
「ヤマモト生物模型」は去る7月25日ワンダーフェスティバルにディーラーとして参加してきました。お買い上げくださったみなさま、お立ち寄りくださったみなさま、ありがとうございました。次回ワンフェスにおきましても、ヤマモト生物模型のブースをみかけたら、ぜひお立ち寄りください!
スポンサーサイト

| 古生物造形 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/48パキリノサウルス その10

造形イベント「ワンダーフェスティバル」というのに出店してきます。
今回作ったパキリノサウルスを、組み立てキットとして販売し、一儲けしてやろうという算段です。
数回目の参加ですので、生き物系の造形で出店している方々にまた会えるのが楽しみです。
PAP_071901b.jpg
肢のパーツの泡の抜けが悪くて半分くらい失敗している。
逆に頭はこんなに突起多いのによく抜けたなと思います。
売れる状態のは5セットくらいか…。
PAP_071902b.jpg
ただでさえまともなパーツが少ないのに、そこから完成見本を作るのにも使います。
なるべく泡が入ってるやつを選んで補修しながら。
完成状態のアップはワンフェス後になりそうです。
PAP_071903b.jpg
ワンダーフェスティバル2010夏の卓番号は 2-18-14
ディーラー名は「ヤマモト生物模型」です。
ワンフェスへお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

| 古生物造形 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/48パキリノサウルス その9

PAP_070401b.jpg
「ギャーー!よ、よくも~・・・!!」
複製用にパーツごとに分割。最終的に元通りになるのかドキドキします。
PAP_071101b.jpg
ガッサガサの分割面をパテできれいにして、ダボとダボ穴もついでにつくります。自分用の複製なら省略する工程ですが、一応「商品」としたいのでがんばってやってみよう!
PAP_071102b.jpg
こんな感じになりました。

| 古生物造形 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/48パキリノサウルス その8

土台づくりをはじめました。これまでは恐竜単体で作ることが多く、地面風のベースはあまり作ったことがありませんでした。でも角竜を何種類も作るとなると、並べたときどうしても見た目が似通ってくることが予想されたので、今回は坂を上ってもらいます。
DSCF070102b.jpg
ちなみに「パイプストーンクリーク」という場所ではおびただしい数のパキリノサウルスの化石とともに、落葉樹の葉の化石も多く出るのだそうです。メイプルとかの葉っぱをアクセント的にベースに散らしてみるのもいいかなー。
DSCF070105b.jpg
DSCF070106b.jpg

| 古生物造形 | 01:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。