2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Painter 12 を買いました

ペイントソフトの「Painter 12」を購入しました。ペインターは15年近くまえにたしか「5.5」かなんかを使ったことがありますが、久しぶりに新バージョンを使ったらものすごく使いやすくなっていました。昔のペインターは手の動きに描画がついて来ずにぬめーーっと動く感じでしたが今のはぜんぜんそれがない。すごいです。イラッとせずにとっても楽しく描くことができました。

12112702.jpg
カエルの王子とニワトリの馬

スポンサーサイト

| 描く | 02:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Protoceratops 3 完成

樹脂粘土は焼かないと固まらないけど石粉粘土はどんどん乾いて固まるので製作が進む進む。表面だけ乾いたときにしわやらうろこやら入れてやるといい感じです。
DSC06033b.jpg
本体は完成

DSC06018b.jpg
本体を乾燥させている間にベースを作りました。ぼくはたまに海に生物系の漂着物を拾いに行くことがあり、そのときにはついでに流木も拾っています。今回はその流木に石粉粘土の残りを盛り付け、さらにその上から石やコルクの粉を付け、水溶きボンドで固着させています。

DSC06035b.jpg
塗装は楽しいですね。立体塗り絵みたいで。下地の塗装は赤やら青やらをエアーブラシでブツブツに吹いています。それが上の層に透けたとき、生き物らしい色のムラに見えますように!と祈りながら。
DSC06036b.jpg
DSC06037c.jpg
ここまで、ラッカー塗料をエアーブラシで。ここから模様を描き込むのはエナメル塗料の筆塗りでおこないました。エナメル塗料はラッカーの塗膜を溶かさないので都合がよいです。

DSC06038c.jpg
モンゴルの乾いた大地を思い浮かべながら足元を埃っぽく汚して完成しました。
DSC06051c.jpg
DSC06101c.jpg
DSC06045c.jpg
Protoceratops andrewsi

一部事後で申し訳ありませんが11月17、18日 群馬県神流町で「恐竜王国秋祭り」という地域イベントがあり、その一環として同町の「恐竜センター」においてモンゴル恐竜のイラスト、造形の作品展が行われています。広く一般から作品を募集した作品展で、今回のプロトケラトプスはそれに合わせ製作したものです。地域イベントは終了しましたが神流町恐竜センターのモンゴル恐竜をテーマにした作品展は今月25日まで開催とのことです。

| 古生物造形 | 23:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。