FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽して英語が身につく方法

 英語ができると、古生物関係の論文が読めるようになる。SVPにだって行けるし、同じ趣味を持つ海外の友達もできるかも知れない。



 悪魔は基本的に、「三つの願い」などとセコいことは言わない。三つと言わずいくつでも願いを叶えてくれる。また、願いと引き換えに魂を売り渡さなければならない、などと言うこともない。支払うべき対価は、願いとほぼ同等の価値を持った「何か」であると言う。

 俺は手っ取り早く英語を身につけるため、深く考えることもなく悪魔と契約を交わした。たちどころにして、いままで図を眺めるだけだった英語の出版物がすらすら読めるようになったし、ディスカバリーチャンネルの恐竜番組も字幕なしで内容が理解できるようになった。感動を覚えた。悪魔に感謝さえした。だが間もなく、日本語が片言になっているのに気がついた。しゃべれる日本語といえば「これはペンです」「彼はケンです」「私はテニスが好きです」…。図らずもそれまでの英語力をいま日本語でさらしてしまったわけだ。もっと英語勉強しとけばよかった…。とにかく自分は日本人なのでこのままでは日常生活のほぼ全般が成り立たない。「これでは支払った対価のほうが大きいではないか」と英語で文句を言うと、悪魔は「手数料が含まれますから」と、こともなげに言った。

 しかたがない。英語はやはりこつこつ自分で勉強するしかないようだ。悪魔にふたたびお願いをする。「英語はあきらめて自分で勉強するから、日本語をもどしてくれ」

 手数料のことをすっかり忘れていた。目が覚めるとそこはアメリカの一般家庭で、俺は日本語しか話せないアメリカ人になっていた。

| 未分類 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://seibutsumokei.blog65.fc2.com/tb.php/101-55ecc7e3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。