PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シュモクザメの骨格標本を作る 1

「HONE展」「ホネホネサミット2011」にでかけてみて骨の魅力にハマッた、自分も骨格標本を作ってみたくなった、という方はいらっしゃいませんか?ここではシュモクザメの骨格標本作りに挑戦します。ぼくも骨格標本作りはほぼ素人です。このエントリーを読んで、いっしょに失敗しましょう!(だめじゃん…)

 ただ、ここは生物の模型のブログなので、そういうのが嫌いな人にも配慮して、このシリーズのエントリーは折りたたみにしました。


 去年あたりに「BONES」という、骨格標本のモノクロの写真集を購入しました。その一番最初のページが「アカシュモクザメ」で、その形状がめちゃくちゃカッコヨク、以後、どうすればシュモクザメの頭を手に入れられるかと策を練っておりました。定置網などにかかったこのサメが、食用になるにせよならないにせよ、少なくとも頭は確実に不要なはずで、漁師に頼めばくれるのでは、と思ったものの、漁港につてもなく、入手計画は棚上げになっていました。
 前回の高知金沢の古生物学会の飲み会のとき、たまたま前の席に、一般参加のKさんという方が座っておられました。Kさんはサメがお好きで自身で解剖もなさるらしく、また銚子にいる人物のつてで、サメを手に入れられる環境にいるらしい。シュモクザメほしいほしいとずーっと思っていた身としてはあまりの偶然にちょっと興奮して初対面ながら「欲しいです」とお願いしました。それから数ヶ月、Kさんから電話で、「シュモクザメが揚がったらしい」との連絡をいただきました。
PAP_00570b.jpg
PAP_00590b.jpg
 それがこちら。Kさんに現地で梱包、発送していただきました。2011.10.11銚子漁港魚市場第3市場にて入手のオスのシロシュモクザメ、叉長100㎝、全長130㎝。頭部の幅32㎝とのデータもいただいています。

・道具は「カッターナイフ」(替刃はたくさん用意)、「はさみ」(先がほそくなってるやつ)「タミヤの調色スティック」(こまかい部分の肉をそぐ)を準備しました。
・最初に皮を剥きましょう。
 表面のいわゆる「鮫肌」の部分はとても硬く、カッターの刃がすぐ切れなくなるので、どんどん取り替えてゴリゴリ切って行きます。左右にはりだしたハンマーの部分は皮と骨のあいだに肉はほとんどなく、とても剥ぎにくいですが、骨を傷つけないように慎重に。
DSC022980b.jpg
 剥けました。クリックすると大きくなります。
・つづいて肉の部分で取れそうなところはあらかた取り除いておきます。
・手がものすごく臭くなって、お風呂に入ったくらいでは取れません!作業翌日が休みの日になるように日程を調整しましょう。
・水に浸けパイプ洗浄剤の粉タイプを入れ、一日放置。弱アルカリ性の成分により、取りきれず残った肉をプルプルの取りやすい状態にします。
・除肉とパイプ洗浄剤漬け込みを数度繰り返し、できるだけ肉を取り除きます。
・口の中の除肉のため顎を切り離しました。軟骨魚類であるサメは、関節部分は特にぷるんぷるんで、どこが残すべき部分かとても迷います。判断は慎重に。
DSC023020b.jpg
つづく。

| | 10:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/24 22:24 | |

僕もかつて同じところで悩みました

ヤマモトさま

実は僕も肉&皮取りで苦労したことがあります.
実は60℃(この温度が重要)の湯に晒すと,それはもう,ほとんど刃物を使わないくらい簡単に取れます.
ウロコは剥がれ落ち,カチカチに張り付いていた皮が,プルンプルンになります.
おもしろいので,剥がした皮が残っていれば,試してみてください.
皮を剥がした後に湯に再投入すれば,肉も簡単に取れます.

余談ですが,鮫革のワサビおろしなどを買うと注意書きに掲載されているのですが,熱湯洗い厳禁なんですよ.
ウロコと皮が駄目になってしまうので.

注意点としては,歯も簡単に取れてしまうということ.
なので,シュモクザメの頭の場合,尾側から口の際まで一回湯晒しし,今度は頭の前端から上の口の際まで湯晒しします.
口の真横は,首を立てた状態で熱湯をヤカンで注ぎます.
後は爪,もしくはスプーンでごしごし擦っていきます.
面倒くさそうですが,これで縮小された写真の状態になるまで1時間かからないです.
それと,ヒレの骨格に関しては,湯晒しは一度にした方が良いです.
理由は分かりませんが,2回目にフカヒレ部分が膨らんだり,バラバラになることがあります.

| osakana | 2011/10/30 22:47 | URL | ≫ EDIT

>面倒くさそうですが,これで縮小された写真の状態になるまで1時間かからないです.

早い!ぼくは不慣れもあって相当な時間がかかりました。特にT字型に張り出した部分はカチカチでくじけそうになりました。60℃の湯晒し、次に機会があればぜひ試してみたいです。(あまりに楽でショックを受けたらどうしよう…)

| ヤマモト | 2011/11/01 20:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://seibutsumokei.blog65.fc2.com/tb.php/116-868abcaa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。