FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツノアリツノナシツノリュウ

ツノのあるキョウリュウをツノリュウといいます。※1
ツノリュウの仲間にはパキリノサウルスのように、鼻の上・目の上にはこぶ状のでっぱりがあるのみでツノのないのもいます。これは差し詰めツノナシツノリュウと言ったところでしょうか。
ところがツノナシツノリュウであるところのパキリノサウルスにツノがあったという説もあるようで、以来ツノあり復元のパキリノサウルスはツノアリツノナシツノリュウと呼ばれています(呼ばれてないけど)。
これはまさにトゲアリトゲナシトゲトゲのパターン。

ということで次回より1/48パキリノサウルス製作編です。

※1 正確さを欠く表現です。

| 未分類 | 01:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

パキリノサウルス、こんな復元にしてる人もいますね。http://epic3d.deviantart.com/art/pachyrhinosaurus-anatomy-92344151
面白いです。

| meribenni | 2010/03/31 20:50 | URL |

セントロサウルス類の頭部復元の論文って、
前にお知らせしましたっけ?
もしご存知無ければ、データ送りますよ。

| ふらぎ | 2010/03/31 22:44 | URL | ≫ EDIT

meribenni様
コメントありがとうございます。
ぼくも画像検索でみつけました。すごいツノヅノしいですよね。↓のカリーさんの論文には、その仮説の根拠も示されているのかな?よほど確からしい説なら遠慮なくデカヅノつけるんだけど、いまのとこツノナシでいこうかなーと思っています。
なんにしてもその論文の要約だけでも読んでおきたいですね。
(ぼくには高いハードルですが…)

ふらぎ様
The Facial Integument of Centrosaurine Ceratopsids
というタイトルのやつでしょうか。
フィリップ・カリーさんという名前があります。
検索にかかったので絵だけチラチラ~っと見ていたらパキリノサウルスにツノがドーンだったので、英語が苦手ですがアブストラクトだけでも訳してみよう、と思ってますが、いまだ読めていません。
論文の絵だけ見てると(←ちょっと悲しいですが)、フリルのまんなかあたりにトゲがでてるのがラクスタイ、ないのがカナデンシス程度のちがいなんでしょうか

ところでお二人の新ブログ内容濃いですねー。
そのぶんたいへんだと思いますが楽しみにしています。
復元を行なうにあたってのものの考え方についても
参考にしたいです。

| ヤマモト | 2010/04/01 00:23 | URL | ≫ EDIT

そうです、その論文です。
フィリップ・カリー氏に、ウィトマー氏と
有名人が共著者に名前を連ねてます。
ちゃんと資料集めてますね。
この際、角竜の資料集めはお任せします。
近々、角竜シンポジウムの発表を纏めた本も出ますよ。

| ふらぎ | 2010/04/01 22:37 | URL | ≫ EDIT

>角竜シンポジウムの発表を纏めた本

以前「恐竜の楽園」にて紹介されていたのを見ました。
「2007年9月にロイヤルティレル博物館で開催された Ceratopsian Symposium (角竜シンポ)をまとめた著で、」
との一文をみて、英語なのとそのお値段に少々迷いつつも、今の制作テーマ(角竜をつくる)に役立つのではとアマゾンで注文しています。はやく来ないかなー。

| ヤマモト | 2010/04/03 20:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://seibutsumokei.blog65.fc2.com/tb.php/12-e57a47f4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。