PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

標本をつくる 1

4月30日 遠州灘と三河湾の海岸を数か所まわり、生物由来の漂着物を拾ってきました。いわゆるビーチコーミングというやつです。
20120430b.jpg

2012043006b.jpg
採集地別に並べたもの。貝殻、フジツボ、カメノテ、カシパン、などは洗って乾かしておけばよいので簡単ですが、魚、カニ、(写ってないけど)ウの頭骨、などナマモノ系も拾いました。ナマモノ系はひと手間加えてやりましょう。

2012043004b.jpg
イソガニ。スチレンボードに固定して乾燥させる。待ち針や虫ピンがなかったので爪楊枝で。

2012043005b.jpg
イッカククモガニ(?) 左右対称になるようにひたすら楊枝を刺しまくる。

2012043009b.jpg
イボイチョウガニ(?) 小さいですが、やはり歩脚が左右対称になるように整えます。

2012043007b.jpg
4~5cmの魚が大量に打ち上がっていたのでミニサイズの骨格標本を作ってみましょう。魚はネットで調べたところヒイラギという種類のようです。

2012043008b.jpg
大まかに除肉。このあとパイプハイターにつけて残った肉を軟化させます。とてもサイズが小さいので、なるべく交連状態を維持していきます。

ウの頭骨は、一部白骨化した死骸から、頸椎数個がつながった状態で切り離し。一部に腐敗した肉が残っているので水に浸けて完全に腐らせます。

これらの標本化のための処理は現在続行中です。続きは後日アップの予定。

| | 00:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

お久しぶりです

ご無沙汰しております.
ワンフェス以来でしたでしょうか.

マニアックなサイズの標本を作製されているようで,かなり仕上がりが楽しみです.

| osakana | 2012/05/03 00:01 | URL | ≫ EDIT

osakana様

お久しぶりです。
osakana様のブログの 119~121 リアルタイム骨取り を参考に、シュモクザメ以外では初めての魚の骨格標本作りに挑戦してみました。作業と作業の合間があいてしまうことが多いので、塩素系ではなく酸素系の粉のパイプハイターでゆっくり気長にやっています。

| ヤマモト | 2012/05/05 18:31 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/06/19 19:25 | |

鍵つきコメント様

上の鍵つきコメントをいただきました方、
返信のためのメールをお送りしたいのですが、メールのアイコンから
うまく返信できませんでした。

鍵つきコメントでアドレスお教えいただけますか。

| ヤマモト | 2012/06/19 23:06 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/06/21 14:28 | |















非公開コメント

http://seibutsumokei.blog65.fc2.com/tb.php/129-1e0d6694

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。