PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒイラギ幼魚 骨格標本

2012年4月30日 遠州灘海岸の、静岡、愛知県境付近にてヒイラギの幼魚が多数打ち上がっていたので採集し骨格標本を作製しました。
2012043007b.jpg
採集の個体は吻端から椎骨の末端までで65mm前後、尾びれまで含めると80mm前後。硬骨魚類の標本をはじめて作るので、(1)骨の位置が分からなくなったときの確認用 (2)、骨を無くした、または破損したときのスペア として複数採集しました。
2012043008b.jpg
デザインナイフとピンセットで大まかに肉を取り除いたところ。水に浸しパイプハイターの粉タイプを入れます。ヒレの膜、骨と骨の間の薄い膜は残す方向で行きたいので使用する漂白、洗浄剤は塩素系に比べ効き目の弱い酸素系を用いています。
2012050506b.jpg
一晩浸けておくと肉が透明、プルプルになるのでへら状のもので掻き取ります。その際にはよく水洗いして、アルカリの成分が皮膚や目の粘膜に触れないように気を付けてください。上の写真は除肉、漬け込みを二回繰り返したもの。
2012050509b.jpg
頭蓋内に脳と思われるものが残っているので、色が残っています。脊椎をはずした穴から針状のもので掻きだすとともに、水で中身を押し流してやります。また、塩素系漂白剤(キッチンハイター)を水で希釈したものを注入して重点的に漂白してみました。脊椎につながる穴は直径1.5mm程度だったので、小型のシリンジを用いるといいですが、今回は下のようなもので代用しました。
2012050508b.jpg
簡易なタイプのスポイト(上)の先端を火であぶり、柔らかくなったところで一気に引き伸ばします(下)。引き伸ばす程度によって任意の細さが得られます。
2012050504b.jpg
乾燥後。尾ヒレは切り離す必要はありませんが、破損してしまったので、別個体とニコイチにしました。尾ヒレだけ後から処理した都合で、短時間で行ける塩素系に浸けたら薄い膜が溶けました。ヒレをかっこよくビラーッと広げるのに薄い膜があった方が都合がよいので、個人的には酸素系が好みです。
2012050801b.jpg
2012050802b.jpg
各部分を木工用ボンドや瞬間接着剤で接着。肋骨、目の膜も付けます。
2012050501b.jpg
大きさ比較。つくづくぼくはこのサイズの物が好きなようです。標本ラベル、土台もこの後作りますが、ブログ記事としては割愛します。

※本文中の「パイプスルー」「キッチンハイター」の使い方は、本来のものではありません。場合によっては失明などの危険もあるため、取扱いに十分注意しましょう。

記事おわり

| | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://seibutsumokei.blog65.fc2.com/tb.php/130-12926d8f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。