FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

瑞浪市化石博物館 夏の体験教室2012

瑞浪市化石博物館の「夏の体験教室」に「大きなお友達」として参加して来ましたので、ざっと概要だけでも紹介したいと思います。
参加した体験教室は、
「夏の体験教室2012 ~化石マイスター養成講座~ 初級」
というもので、主に夏休みの子供たちとその親御さん向けの講座でしたが、内容はとても充実していました。
ほぼ一日がかりで露頭見学、化石採集、採集した化石のクリーニングと種の同定、特別展の見学、化石のレプリカ作りと、これだけ全部やっちゃおうという充実ぶり。この日の講師は名古屋大学博物館の服部創紀さん、京都大学 大学院の松井久美子さんのお二人でした。

DSC04204b.jpg
道路脇に露出している地層を見学。

DSC04207b.jpg
ノジュール(石の塊のような部分)がきれいな層をなしているのが見られます。

DSC04211c.jpg
野外学習地(化石の採集地)へ移動中。朝の天気予報だと35℃くらいまで上がるという。帽子やタオルは必需品ですね。

DSC04215b.jpg
松ヶ瀬の川原は野外学習地となっており、化石の採集をすることができます。(今回は体験学習ですが、個人で採集に出かけるときも化石博物館で許可をもらってから採集しましょう)

DSC04220b.jpg
DSC04222b.jpg
講師の先生から化石の採り方のレクチャーを受け、子供たちも採集にチャレンジ。石をがっつんがっつん叩くと中から貝の化石がゴロゴロでてくるので、この場所がかつて海の底であったことがうかがい知れます。運がよければサメの歯の化石が出ることもあり、実際この日も小学生の男の子が見つけていましたよ。

DSC04253b.jpg
博物館にもどり昼食をはさんだあと、いましがた採集してきた化石を自分たちでクリーニングする作業にはいります。「埋まっている部分の形を想像しながら…」と説明しながら松井先生が実演。

2012072603b.jpg
「採集中は『これは何の化石ですか?』と『聞かないでください』」と博物館の学芸員、安藤さんが子供たちに言いました。それはなぜでしょう。もちろん答えるのが面倒だからではありません。野外学習地でみつかる化石をカラー写真つきでまとめた「みずなみ 化石図鑑」というリーフレットを参考にしながら、自分の採ったのが何の化石なのか自分で考えてもらい、標本ラベルを作成してもらうためでした。また「みずなみ 化石図鑑」の化石写真には★のマークがついています。★が多いほど見つけるのがむずかしいとのことでした。ちなみにぼくの採った「ウソシジミ」「オオキララガイ」「イシカゲガイ」はことごとく★ひとつでしたが、前出の小学生くんのメジロザメの歯(安藤学芸員により同定)は★7つでした。

DSC04302b.jpg
特別展「デスモスチルスが見たみずなみ」からデスモスチルスのコーナー。

DSC04254b.jpg
DSC04258b.jpg
京大大学院の松井さんはデスモを含む束柱類の研究をなさっている方で、デスモの頭骨レプリカを持って説明しています。

DSC04300b.jpg
展示品のデスモスチルス復元模型を「ヤマモト生物模型」にて製作しましたので、ぼくもすこしだけ参加者のみなさまに模型作りのお話しをしました。

DSC04274b.jpg
最後はいよいよ化石のレプリカ作りに挑戦。館で用意されたシリコーン型に石膏を流して作ります。

DSC04272b.jpg
服部先生によるレプリカ作りの実演。「クリームチーズ、マスカルポーネ、グラニュー糖を混ぜ合わせ、型に流しこみます」的な光景ですが、もちろん真面目な説明をしていました。ぼくは服部先生が「水はちょっとずつ加える」と言ったのにビジャーっと入れて、失敗しかけました。

2012072601b.jpg
戦利品。レプリカ作りはやはりデスモとビカリアははずせない。型は複数から選べて、もちろん子供たちに先に選んでもらったのだけれど、デスモ型が売り切れるのではないかと内心冷や冷やした。大人げない…。

とこのような感じで丸一日化石体験のできる充実した講座でした。最後に修了の証しにデスモスチルスのバッヂをもらい帰途につきます。随所に子供たちが意欲をもって取り組める工夫がしてあったのがよかったですね。もちろん講座に応募するくらいだから化石や昔の生き物に興味がある子たちなのでしょうが、みずから見つけ、種類を特定し、標本ラベルを作成した化石なら、思い入れもひとしおではないでしょうか。

瑞浪市化石博物館では夏の体験教室以外にも、定期的に化石発掘体験講座を開いているそうです。興味のある方はぜひ。

| 未分類 | 14:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/08/23 09:33 | |

鍵付コメント様。
ツイッターのダイレクトメッセージで送りましたので確認お願いいたします。

| ヤマモト | 2012/08/24 09:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://seibutsumokei.blog65.fc2.com/tb.php/134-14ef1ea7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。