FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

骨格標本をつくる

10111907b.jpg

今回は小動物の骨格標本をつくるお話です。解剖中の写真は載せていませんが一応「続きを読む」方式にしています。


10111905b.jpg
11月の9日、小動物の死体をみつけた。ティッシュにくるんで拾い上げると、全長10センチほどの子供のネズミのようだが、顔はモグラに似た動物だった。まったく傷んでおらず、骨格標本を作ることにした。骨格標本作りは今回で1.5回目である。

なに?1.5って・・・
去年かおととしあたりに、道路脇で死んでいるイタチをみつけ、骨格標本をつくるために拾ってきた。しかし骨は欲しいが死体は気持ち悪いというのが本音であった。骨格標本の作り方を紹介するサイトには砂に埋める、薬品で煮るなどの方法がしるされていたが、いずれの方法にしてもまずは内臓や筋肉をなるべく取り除く必要があるらしい。死体を解体する工程はなるべく回避したかったのだがしかたがない。勇気をふりしぼって、かつ事前にナンマンダブを唱えた上で除肉作業を行っていった。学問的なバックグラウンドがあれば「解剖」という意義のある行為になったのだけど。そうした工程を経て死体は洗濯ネットにくるまれ今も砂に埋められている。よって第一回の骨格標本作りは進行中であり、カウントも0.5とした。

で話はこの小動物に戻る。まずはこの動物の名前であるが、当初は「トガリネズミ」と判断したが、最終的には「ジネズミ」と結論づけた。今回の骨格標本作りに際しては生物系のブログ「fantasia*diapsida」のLOKI:さんに多大なご協力を賜った。fantasia*diapsidaのとある記事のコメント欄で骨格標本作りについて質問させていただいたところ、とても詳細な説明をいただけたのである。コメント欄では以下のような質問をした。
「・・・骨格標本の作り方についても検索してみたところ、「皮をむき、内臓や筋肉をできるだけ取り除きます」とありました。拾ったのは尻尾を除くと5㎝程度の極小の動物なのでとても難しく思えますが、やはりその工程は必要でしょうか。」
あくまでも「小さくて困難そうなので」ともっともらしいことを書いてはいるが、その工程をなるべく回避したい、というのがありありとわかる。それに対するLOKI:さんの答えはこうだった。
「皮剥き&内臓除去に関しては、やった方が良い、
ことに哺乳類に関しては、「絶対にやるべき」です。」
淡い期待が打ち砕かれた瞬間であった。(同時に、覚悟が決まった瞬間でもある)

それらのやりとりやLOKI:さんによる製作プロセスの説明はこちらの記事のコメント欄に。fantasia*diapsida内の当該記事に飛びます。
10111903b.jpg
実際にやってみてわかることはたくさんあった。「頬のあたりにあるアーチ状の骨を破損しないように気をつけよう」とうろ覚えの知識で臨んだが、この種類の動物にはそんな骨はなかったり。逆に「このスジみたいなのは取っちゃっていいだろうか」と思いつつ一応やめておいたらそれが鎖骨だったり。「このサイズの動物なら腓骨はとても細いはず。なくさないようにしよう」と思っていたが腓骨と脛骨は途中で一体になっていたので無用な心配だったり。(※間違いがあればご指摘ください)
作業自体は右膝の関節がとれてしまった以外はうまくいったように思う。胸椎ははじめからはげしく砕けていた。状況から判断してネコに襲われたのだと思う。そしてそのネコはたぶんうちの「チー」だ。ジネズミよ、ごめんな。今回の作業は薬品処理(パイプハイター)と軟組織の除去の繰り返しであり、死体と向き合う時間が長かったため、当初感じていた嫌悪感はじょじょに薄れていった。すこし自信がついた。

今回開発した商品はこちら。乾燥時の姿勢保持支援システム「まかせ太くん」。単なる削ったスタイロだがめっぽう役に立った。乾燥時の反りを防ぐためU字に曲げた金属棒をスタイロに刺し骨を固定する。

10111901b.jpg

| | 00:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

素晴らしい!

綺麗ですねー☆
お初という割にはお見事です。
私もやり始めは嫌なんですよ(気持ち悪いし'笑)。
でも手を動かしていると段々、
それまで気付かなかったことが分かってくるし、
愛着も湧いてきますね。

そして姿勢保持支援システム「まかせ太くん」が使えそう…
私もやってみようかな。

| LOKI: | 2010/11/21 15:33 | URL |

LOKI:さん。
本当にどうもありがとうございました。自分で手を動かしてやってみると実感としてわかる部分があるのでやってよかったです。
「まかせ太くん」は体の中心線上を支える一枚の板のみのほうがつくりやすそうですね。四肢の角度はその板に針なり針金なりで固定して決めると。スタイロの板はカッターで縦方向の切込みを何本も入れてやると曲げられるので左右方向の体のくねりの表現も可能・・・なんて言って骨業界ではふつうにやってることでしたらエラそうにすみません。

| ヤマモト | 2010/11/23 00:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://seibutsumokei.blog65.fc2.com/tb.php/65-51796514

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。